山梨 看護師バイト

紹介予定派遣って何?

医療業務関係者の派遣業は、他の業種と違って昔は認められていなかったのですが、条件によっては派遣が可能になっている職種なんです。

 

条件というのは、紹介予定派遣、社会福祉施設などで行われる業務、産前産後や育児休暇などで休業している労働者の代わりに働く、という3つがあります。

 

紹介予定派遣というのは、その派遣が認められている条件の一つで、働き始めは派遣として始まりますが、ある一定の期間を過ぎると、そのまま直接雇用になっていく、というものです。

 

病院の正社員として長く働いて欲しいという思いがある病院としては、最初から雇ってミスマッチがあるとお互いに不利益になるので、派遣期間を利用して、お互いに合うのかどうかを見て、病院側にとっては、良ければ、直接雇用して、働いてもらうというメリットがあり、働く側も様子を見てから正社員になれるので、メリットがありますよね。

 

紹介予定派遣の場合は、6ヶ月が目安ですが、派遣期間の最長は3年あります。

 

正社員として働いた方が、社会保険や福利厚生、長い目で見た時にはやはり良いことが多いので、ゆくゆくは正社員として働きたいけれど自信がない方は、この紹介予定派遣から始めると良いと思いますよ。

 

仕事は、派遣会社と派遣先の病院との契約になるので、給料は派遣会社からもらうことになりますし、社会保険などは派遣会社との関係になります。

 

派遣会社は、労働者を紹介、派遣する、ということで、派遣先から手数料をもらって、経営が成り立ち、その手数料を時給に上乗せしたりして募集をしたりするため、直接雇用の時給よりも派遣の方が高い、ということが起こってきます。

 

直接雇用になって、時給が下がった、ということになったとしても、今の日本は正社員であることが信用の一つになっていたりもするので、社会的な信用や長く働き続けることを考えると、相対的にはメリットがあって、派遣を経て、自分に合う職場と出会えると良いですね。